« VAIO Type P でSnow Leopard 10.6.2を動かす! | トップページ | あけました2010年(*'ω'*) »

2009年11月29日 (日)

Type P Snow Leopard で「このMacについて」を表示できるようにする。

通りすがりさんから情報頂き、Type P Snow Leopard で「このMacについて」を表示できるようにする事が出来たを見る事が出来ましたのでご紹介しておこうと思います。

InsanelyMac Forumから下記のKextをDLします。

AppleSMBIOSEFI_28Air.zip(ノートブック用)

解凍してKextHelper b7 を使用しインストールします。

これで「このMacについて」が表示できるようになりますヽ(´▽`)ノ
ただし、プロセッサはCore Soloで表示されます(Atomとは表示されない)

Saved_screenshot1

|

« VAIO Type P でSnow Leopard 10.6.2を動かす! | トップページ | あけました2010年(*'ω'*) »

コメント

こんにちわ。かゆいところに手が届く無いようで助かります。
TypePに雪豹を試しているのですがどうもうまくいきません。
このブログでアドバイス頂く事は可能でしょうか。

投稿: toi | 2009年12月15日 (火) 16時13分

toiさん>
こんにちわ〜(・∀・)ノ
お褒めの言葉ありがとうございます〜。
うちでお役に立てるのであればご協力させて頂きますよ〜(・∀・)ノ
Twitter仲間でもう一人、Type P 雪豹 を実行できている人を知っていますのでそちらにも聞いてみますよ(´ω`)

投稿: ねこるり | 2009年12月15日 (火) 20時34分

お返事ありがとうございます!いや、心強いです。
なんか、基本的なところで間違ってるのかも?しれませんがよろしくお願いします。

相談内容ですが IntelMacでの作業後にPでのUSB起動が出来ません。
スイッチオンでUSBを読みに行った後にすぐ下の表示が出て止まります。
boot0:GPT
boot0:testing
boot0:testing
boot0:done
boot1:error

ブート1えらー。。Chameleon内のデータをうまく移せなかったのでしょうか。
ターミナル操作がまずかったのか、、ちなみにターミナルでパスワード入力後は bash-3.2#がラインの頭に出続けるのですがこれは正常でしょうか。
最後はexitを2度打って終わらせてます。パスワードはOSログインの際のパスです。ブートですがUSB-HDDを使っています。これをこのままMacで起動すると普通に雪豹インストーラーが起動します。起動したVistaに接続すると読込まずデスクトップにも現れません。コンピューターの右クリックでディスクの管理を選ぶと見えます。

投稿: toi | 2009年12月16日 (水) 01時15分

toiさん>
メッセージから見ると、boot1が見えてないというエラーかな(*‘ω‘ *)?
ターミナルからddを実行するときにコマンドを間違えている可能性があります。
まず、dfコマンドでUSB-HDDのアドレスを確認してください。

/dev/disk2s1 15695752 15540856 154896 100% /Volumes/Mac OS X Install

うちの場合は/dev/disk2s1 がインストール用のUSBメモリです。
この場合、ddのコマンドは
dd if=boot1h of=/dev/rdisk2s1
になります。

bash-3.2# dd if=boot1h of=/dev/rdisk2s1
2+0 records in
2+0 records out
1024 bytes transferred in 0.003444 secs (297332 bytes/sec)
bash-3.2#

このような表示が出れば書き込み成功しています。

bash-3.2#がラインの頭に出続けるのは正常な動作です。スーパーユーザー権限で実行中という事を表しています。

とりあえずddを試してみて頂けますでしょうか? 間違えてIntelMacのHDDに書き込みしないように十分注意してくださいね。

投稿: ねこるり | 2009年12月16日 (水) 20時07分

お世話になります。
bash-3.2#でスーパーユーザー権限なのですね、安心しました。
最初の頃のターミナルの状態をスクリーンショットで
撮っておいたので見てみました。

bash-3.2# dd if=boot1h of=/dev/rdisk1s2
2+0 records in
2+0 records out
1024 bytes transferred in 0.036606 secs (27974 bytes/sec)
bash-3.2#

となっていますので書込みは問題無かったのだと思います。
dfでのアドレスも間違っていないし、、boot1はChameleonフォルダ内の
物をUSB接続のメディアに送っているのでしょうか。

投稿: toi | 2009年12月16日 (水) 21時14分

toiさん>
スクリーンショットの内容を見ると書き込みは成功しているように見えますねぇ(;´・ω・)うーん。

boot1は、ddコマンドで、Cameleonフォルダのi386フォルダの中にあるboot1hというファイルの内容をUSB接続のメディアに送っています、

きちんと送られていない可能性もあるのでもういちどddを実行してみたほうがいいかもしれません。
何度実行しても大丈夫ですので。

うまく行くと、boot1 done と表示してCameleonブートローダーが立ち上がるのですけどね〜。

投稿: ねこるり | 2009年12月16日 (水) 21時31分

ねこるりさん
いろいろとありがとうございます。
ターミナルの作業、もう1度やってみましたが同じでした。。
Cameleonが悪いのかと思い、昨日違うリンクからDLしたものを
使ってみたのですがこれも同じでして、、
ちなみにP用に作ったものはMacに接続して無改造と同様に
インストーラーが起動するのでしょうか

投稿: toi | 2009年12月16日 (水) 21時58分

きた!きました。
気になって目が覚めてしまったので先ほど作業を再開したところ、
無事に解決することができました。Pで雪豹のインストーラーが起動中です。
変えてみたのはターミナルのcp boot /Volume/[C]/以下、全て
Volume/をVolumes/にしました。それだけでしたが、とってもうれしい!という夢を見ました(^^)
いろいろ教えていただき曖昧な部分が少なくなったことが幸いしました。ありがとうございます。
楽しい夢を見てみたいと思います。これからもおもしろいブログをお願い致します。

投稿: toi | 2009年12月17日 (木) 02時31分

toiさん>
おお\(^o^)/うまくいきましたか〜良かったですね〜♪
今、改めて雪豹をインストールするやり方を載せているブログを確認したら、たしかに cp boot /Volume/[C]/以下 って書いてありますね(;´・ω・)
うちは、コマンドを打つときにTabキーで文字補完しちゃうので気づきませんでした(;´・ω・)
やり方としては、cp boot /Vo まで打った所でTabキーを押すのです。
そうすると自動でVolumesが入力されます。

素敵な夢が見れますように応援しております\(^o^)/

投稿: ねこるり | 2009年12月17日 (木) 20時26分

ねこるりさん
こんばんわ、おかげさまで楽しく夢見中です。
それにしてもドライバー開発のryuu123さんてすごいですね。
こちらにも感謝感謝です。
ターミナルの文字補完の仕方、やってみました。便利ですね。
今回の件で使った事が無かったターミナルの操作にちょっとだけ慣れてうれしいですね。

ところで輝度調節のSNCを当てたらBTが消えてしまいまして解説には
.plistの編集でwwanとBTの切替ができるとありますが、これは
どこのファイルかご存知ですか。探してみるとルートのExtraには
ありましたがTextEditで開いてもなんだかちんぷんかんぷんで。。

投稿: toi | 2009年12月18日 (金) 10時50分

toiさん>
Info.plistの編集のやり方は、ダウンロードしたSNC.kextをCtrl+クリックして「パッケージの内容を表示」を選択します。
Contentsフォルダの中に入るとInfo.plistがありますのでダブルクリックで開きます。

<key>BTPW</key>
<false/>

という項目がありますので、ここを

<key>BTPW</key>
<true/>

という具合にtrueに変更します。<>が大文字になっていますが、これははブログで表示させる為に大文字にしています。実際は小文字の<>です。

上書き保存してフォルダを閉じます、
編集されたSNC.kextをkexthelper b7でインストールします。

これで再起動すればBTが有効になっていると思います。

投稿: ねこるり | 2009年12月18日 (金) 19時46分

こんばんわ、
plistの件ありがとうございます。
無事にBT復帰出来ました。サブメニューからだったのですね。
いつもの癖でGet Infoしか目に入っていませんでした。灯台下暗し

キーの仕様がデフォルトでは使いづらかったのでCaps等も再設定。
その他PCKeyboardHackなど使ってみました。かなや英数も反応して快適です。

ねこるりさんはWブート環境ですか?今度時間が出来たらWin7とでブート環境を
作ってみようと思ってます。

投稿: toi | 2009年12月19日 (土) 00時46分

toiさん>
無事にBT復帰してよかったです\(^o^)/
うちもCapsLockとCtrlは入れ替えてますね〜(・∀・)
うちはXPとのダブルブート環境ですね(´ω`)
ダブルブートの環境を構成するのは、結構苦労するかもしれません(;´・ω・)
じっくりと頑張ってみてくださいね〜。

投稿: ねこるり | 2009年12月20日 (日) 18時06分

はじめまして。
検索をしている時にこちらのサイトを見つけ拝見しております。
VAIO Type Pには、何でMAC OSを入れているのでしょうか?

投稿: 雪 | 2010年1月26日 (火) 00時17分

雪さん>
はじめまして~(・∀・)ノ
なぜVAIO Type Pに雪豹を入れているかとのご質問にお答え致します(*'ω'*)
Appleから出ているマックはどれも中途半端に大きくて持ち歩きを考えた場合、不便なんですよね(;´・ω・)
うちはMacBookを所有しておりますが、このサイズでも私には大きくて小さくてOSXが動くパソコンがないかを探していたところ、Type Pで動かす事ができると知り、OSXの夢を見ているという訳でございます(*'ω'*)
Appleから小さいPCが出ればそれが一番いいのですが出ないですもんねぇ・・・

投稿: ねこるり | 2010年1月26日 (火) 19時08分

ねこるり様.
今晩は、お世話になります。ご回答有難う御座ました。
回答を読んで間違った質問をした事に気づきました。(汗。
本当にごめんなさい。(何であの様な質問をしたのか?)
本当に聞きたかった事は、当方もVAIO Type Pに雪豹を入れようと
思っているのですが、インストールする時に必要な物を教えて頂けますか?(カメレオンを使ったのかな?)
Mac Osxの夢が見てみたいです。
お手数ですがお暇な時にでもお願い致します。

投稿: 雪 | 2010年1月27日 (水) 00時09分

こんにちわ

ねこるりさん

vaio pでスノーレパードを起動したく

chameleonをインスールしたいんですが
ターミナルでエラーがでます

できればご教授お願いいたします

Last login: Sun Sep 26 19:30:56 on ttys000
kikuike-hiroyuki-no-Mac-mini:~ kikuchihiroyuki$ cd ~ /Desktop/Chameleon -2.0 -RC3 -r658 bini386/
kikuike-hiroyuki-no-Mac-mini:~ kikuchihiroyuki$ sudo -s
Password:
bash-3.2# diskutil list
/dev/disk0
#: TYPE NAME SIZE IDENTIFIER
0: GUID_partition_scheme *320.1 GB disk0
1: EFI 209.7 MB disk0s1
2: Apple_HFS Macintosh HD 160.0 GB disk0s2
3: Microsoft Basic Data BOOTCAMP 159.7 GB disk0s3
/dev/disk1
#: TYPE NAME SIZE IDENTIFIER
0: FDisk_partition_scheme *1.0 TB disk1
1: Windows_FAT_32 HDD 1.0 TB disk1s1
/dev/disk2
#: TYPE NAME SIZE IDENTIFIER
0: FDisk_partition_scheme *320.1 GB disk2
1: Apple_HFS ポータブルHDD 320.1 GB disk2s1
/dev/disk3
#: TYPE NAME SIZE IDENTIFIER
0: GUID_partition_scheme *16.0 GB disk3
1: EFI 209.7 MB disk3s1
2: Apple_HFS SNOWLEOPARD 15.7 GB disk3s2
bash-3.2# dd if=boot1h of=/dev/rdisk3s2
dd: boot1h: No such file or directory
bash-3.2# fdisk -f boot0 -u -y /dev/rdisk3
fdisk: could not open MBR file boot0: No such file or directory
bash-3.2#

でエラーがでます

よろしくお願いいたします

投稿: hiro | 2010年9月26日 (日) 22時03分

hiroさん>
こんにちわ(・∀・)ノ
ログを拝見しましたが、おそらくcdコマンドでカメレオンを解凍したフォルダに正常に入れていない状態で、ddやfdiskを実行されているものと思われます。

cdコマンドを実行した後に、pwdコマンドを実行してみて下さい。
また、lsコマンドを実行して、boot1h と boot0 ファイルがあることを確認してください。

cd (Chameleonの解凍ディレクトリ)/i386

投稿: ねこるり | 2010年9月27日 (月) 19時22分

ねこるりさん

こんばんわ

hiroです
敏速な回答ありがとうございます

そうですかcdでディリレクトリに入ってないんですね
ご丁寧に
ありがとうございます


早速挑戦してみます

まずはお礼まで

投稿: hiro | 2010年9月27日 (月) 20時12分

こんばんわ

ねこるりさん
ありがとうございました

>こんにちわ(・∀・)ノ
>ログを拝見しましたが、おそらくcdコマンドでカメレオンを解凍し>たフォルダに正常に入れていない状態で、ddやfdiskを実行されてい>るものと思われます。

>cdコマンドを実行した後に、pwdコマンドを実行してみて下さい。
>また、lsコマンドを実行して、boot1h と boot0 ファイルがある>ことを確認してください。


ねこるりさんの言う通りでした
lsでディリクトリを確認しながら1個づつcdコマンドで
目的の中のディレクトリ確認しながら
で上手くいきました


cdの後に/を入れていたのが悪かったらしくcd Desktop
のようにしてlsで確認してばっちりでした


Hackintoshiという雑誌を見ながらの作業をしてきましが
vaioのpでもmacが立ち上がりましが
ありがとうございます


何回もすいませんがもう一つだけわからない事があります

私はwin7とmac のディアルブートをめざしております
http://saya.s145.xrea.com/archives/2009/09/vaio_type_pmacv.html

vaioのHDDを30GBづつパテーション切りmacは復元しましたが

win側ですがEASEUS todo Backupでusbメモリにバックアップは
とっておりますが復元の仕方がわかりません

vaioの左側のUSBにCDドライブをつないでCDに焼いたEASEUS todo Backupのexeを入れvaioの右側のusbにwinのバックアップメモリをつけましたがEASEUS todo Backupはwindows用のソフトだと思うのですがこのcdドライブに何を入れてusbメモリを復元するのか解りません

もし解りましたら教えていただければと思います


よろしくお願いいたします

投稿: hiro | 2010年9月28日 (火) 19時18分

hiroさん、うまくいったようでよかったです(・∀・)ノ

もう1件のUSBからの復元についてですが、下記のリンクの「ブータブルCDの作成」という記事を見ながら、WINDOWSのPCでブータブルCDを作成してください。
そのCDからEASEUS todo Backupが自動起動するようになると思います。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090811_easeus_todo_backup/

投稿: ねこるり | 2010年9月29日 (水) 21時17分

こんばんわ

ねこるりさん

いつもありがとうございます
ねこるりさんの回答がなければvaioPでOSXすら起動できない状況でした

ブータブルCDの件も了解しました
CDブートでASEUS todo Backupも起動できました


wind7のバックアップもなんとか復元もできました
色々やってみましたが
winが起動するとsnowが起動せず
rdiskで書き込み直すとswowは起動するがwinは起動しなかったりです

chameleonはmac側のパーティションに書き込まなくてはだめですよね


現在格闘中です
また進展ありましたら報告します


ありがとうございます

投稿: hiro | 2010年9月30日 (木) 19時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VAIO Type P でSnow Leopard 10.6.2を動かす! | トップページ | あけました2010年(*'ω'*) »